正月太り、見て見ぬ振りではデブの仲間入り・・・回避するコツ

こんにちわ。

 

本日のテーマ
正月太り、見て見ぬふりではデブの仲間入り
回避するコツ

健康ダイアリー.JPG

メタボ対策は寝たきりにならないためには重要なこと。
ということで
話をあなたへシェアします。
メタボ対策は60歳までに完成していたい。
60歳以降は維持すべく過ごすことです。
それが”健康寿命”を伸ばすコツです。

正月太りしやすい6人のタイプ
・自炊ができない
・朝食が食べれない
・白米がやめられない
・甘いもの、お菓子が我慢できない。
・夜が遅くなる。
・お酒が我慢できない。

概ね6つのタイプが太る人です。

概ね仕事始めの日には、
年末仕事納めの日から、
2キロは増えている・・・

わたしもあなたも正月太りを繰り返す理由は?

普段は食事に気をつけているのに、
なぜか年末年始の間は浮かれてしまいがち・・・

エンプティカロリー
↪︎カロリーは高い割に、栄養価の低い食事
 このような食事が続くと正月太りとなる。

つまり
食生活が乱れると太る。
理由は意外であるがタンパク質にある。

え?
炭水化物や砂糖じゃないの???

タンパク質を優先しているのは本能の仕業。
↪︎糖質と脂質は体内にためられるが
 タンパク質だけは貯めれないという・・・

なので
体にはタンパク質の不足を避けることを
最優先して食事する仕組みがあるのです。

へえ〜と驚くばかり。
日本人の摂取カロリーと
糖質の摂取量は下がりつつある。

脂質の摂取量は増えている。
タンパク質はの摂取量は横ばい。
ここで見えてくるものは、

う〜ん、
油物の店屋もんが増えたことも原因かな???
実は体というものはタンパク質そのものよりも、
アミノ酸を必要としている。
タンパク質は20種類のアミノ酸からなる。
その中の9種類は合成できない。

なので
必須アミノ酸と呼ばれている9種類のアミノ酸をとれ!

体が求めてしまう・・・
それを脳が感知すると”質を量でカバー”

食事の全体量が増えてしまうので
食べ過ぎてデブになる。

なるほどである。
”量より質”は、
中高年には欠かせないこととわかる。
代謝も運動量も減るしねえ・・・

なぜなのかを調べてみました。
あなたへシェアします。
ーーーーーーーーーーーーーーーー
運動性脂質の過食
↪︎脳の視床下部(摂食の中枢がある)
 が麻痺してしまう。
ーーーーーーーーーーーーーーーー
動物性脂質
↪︎肉類、乳製品などの飽和脂肪酸のとりすぎ。

たとえば
クリスマスが始まる2週間前くらいから、
やれ女子会でケーキを食べたり、
ギフトで洋菓子を食べたりする機会が増える。
そのおかげで?!
今年は有難くない婦人科の病気になって、
医療費&薬代が万単位の支払いとなった。。。

50歳代は概ね更年期時期でもあり、
閉経していて体の毒素が体に貯蓄されやすい。
要注意の年齢と改めて思いしりました。
トホホ・・・

あ・・・話が逸れました。

飽和脂肪酸の話を続けます。
この飽和脂肪酸は、
体の中で免疫反応でもある
”炎症反応”を起こしやすい。

たとえば
わたしはスギ花粉症がある。
スギ花粉症の時期チーズを食べ過ぎた!
急性好酸球胃腸炎を起こし、
(植物を含む物質が抗原となって、
 アレルギー反応が起こり、
 抗酸性の白血球が浸潤して、
 慢性の炎症を引き起こす。。。)
激しい下痢により脱水。
点滴治療を行った経験がある。

この飽和脂肪酸を摂りすぎる

真っ先に炎症が起こる場所だが、
↪︎満腹と空腹をコントロールしている
 脳の視床下部
 ↓
 摂食中枢の炎症が起こると、
 レプチン抵抗性
 インスリン抵抗性が起こる。
 ↓
 デブとなる!

さらに悪いことに、
大腸内の腸内細菌叢の勢力図が変わる。
(悪玉菌がはびこる優位となる。
 普段は全体の10%にすぎないのだが・・・)
”腸は第二の脳”
大腸で生じた炎症物質が脳に作用する。

レプチンとは?
↪︎脂肪を貯める脂肪細胞が出している物質。
 つまり
 満腹になるとそれ以上食べ過ぎないように働く。
 が
 レプチン抵抗性は、
 文字通り満腹の働きがけを邪魔して、
 空腹を促しデブとなる。

インスリンとは
↪︎膵臓から分泌されるホルモン。
 肥満ホルモンとも呼ばれている。
 ↪︎血糖値を下げる
  体脂肪の分解を抑えて、
  合成を促す作用がある。

と言うことは
インスリン抵抗性になると・・・
インスリンが効きにくくなる。
肝臓において体脂肪の合成をさらに増やす。
また嫌なことに脂肪細胞に貯蓄する。
デブ化が加速する・・・・

結論
↪︎食事の質をよくすべし!

と言うことであるので、
是非とも食べ合わせや、
食べる順番を念頭において正月を楽しもう。

え?
もう手遅れだ???
じゃあ増えてしまった皮下脂肪と
内臓脂肪を減らす?
消費する話を次にします。

楽しみにしてください。
最後まで読んでいただきありがとうございました。
 

Source: 薄毛4

投稿者について

Healthcare

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です