40歳代以降に増える?!歯肉の腫れ

こんんちわ、一ノ瀬です。

本日のテーマ
40歳代以降に増える?!歯肉の腫れ.
ハーブ歯磨き1.JPG
思いだすと40歳代後半になって、
歯肉が痩せてきたり、
腫れてきたりで・・・
最終的に1本抜歯した。

そんな経験から
更年期を迎えた(40歳代後半〜60歳未満)
周りの女性と話をすると、
意外にも口内トラブルを抱えている人が多かった!

つまり
加齢に伴って歯周病などの悩みが増えるのか?
本日は、更年期の女性ホルモンの変化と
歯周病の関係あるのか?
あなたへシェアします。

ここのところの猛暑で
ついつい水分をよく飲む。
喉が乾くからなのでしょうが・・・
口の中が乾いているなあ〜と
職場にもペットボトルや
マイポットを持参してチビチビ飲むことがある。
(季節に関わらず)

話は変わるが、
毎年婦人科に受診する際アンケートに記入する。
喉の渇きや口の中の渇きは、
更年期特有のものらしい・・・
ーーーーーーーーーーー
なぜか増える!
加齢に伴う口内トラブル
ーーーーーーーーーーー
その中でもあまり自覚症状の少ない歯周病。
この歯周病は、
30代以上の女性の多くが悩まされているとか!?
わたしが、40歳代後半で抜歯したのも
歯周病で歯髄まで侵襲されていたからです。
初期の段階では自覚症状がないままですので、
あれ〜???と思ったら、
結構進んでしまうことも多いそうだ。

なので
その当時のことを振り返りながら
あなたへ進行してくるうちに現れる症状をシェアします。
ーーーーーーーーーーーー
進行してくるうちに現れる
5つの歯周病の症状
ーーーーーーーーーーーー
1:歯磨きをしているときに歯茎から血が出る
2:口臭がきつくなった気がする
3:口の中がネバネバする
4:歯茎がやせて歯が長くなった気がする
5:冷たい物や熱い物を食べるとしみる

つまり
45歳くらいからだったと思う。
(閉経は55歳なので、10年くらい前が更年期?!)

なので
更年期を迎えて以降、
こうした症状を感じるようになったら、
更年期に伴う歯周病の可能性大!

あなたもしっかりとしたケアをするのが大切です。

口のトラブルが増える
更年期に歯周病になるのはなぜ?
↪︎更年期にどうして歯周病になるのか?
 その理由としてはこんなことが考えられる。

理由
更年期になると、女性ホルモン(エストロゲン)が減少していく。
つまり
女性ホルモンは、
女性らしさを作るホルモンとして、
・子宮に作用
 ↓
 乳房を発達させる。
・骨量を増やす
・体に潤いを与える。

なので
そんな役割のある女性ホルモンが減少すると、
体は乾燥しやすくなる。
(冬場になると掻痒症にかかり、
 保湿剤の軟膏が必要です)

つまり
それは口の中も同じで、
口の中が乾燥したり、
喉が渇きやすくなったりする。
夏場に限らず、
冬場でもチビチビ飲むのは、
女性ホルモンが減少したためです。

口の中の渇きは歯周病のなる。
↪︎乾燥して唾液の分泌が低下することによって、
 口の中は汚れが溜まりやすく、
 細菌が繁殖しやすい環境になってしまう。
 こうしたことが、
 歯周病の原因になっている。

このように、
一見何の関係もないように思える更年期と
歯周病だけど、
実はとても大きな関係があるということです。

男性にも歯周病はあるじゃん!

歯周病の原因は更年期だけではないです。
(男性にも更年期はありますが・・・)

更年期を迎えた人が必ず歯周病になるというわけではない。

歯医者さんへ行くと広告が目に入ると想います。
その広告には、
歯周病は30代以上の多くが悩んでいるといわれている病気。

つまり
その発生要因には、
生活習慣も大きく関わっている。
ーーーーーーーーーー
歯周病の原因となる
6つの生活習慣
ーーーーーーーーーー
1:食べ物はあまり噛まずに飲み込む
2:常にお菓子やコーヒーが手元にある
3:いつもスマホをいじっている
4:慢性的に寝不足で、寝付きが悪い
5:たばこを吸っている
6:猫背

6つの中でわたしに当てはまったのは、
1:かなあ〜・・・
あなたに心当たりがあるのであれば、
歯周病予備軍ともいえるので注意が必要です。

では予防の話なのですが・・・
当たり前すぎて端折りたいのですが、
話を進めます。
ーーーーーーーーー
歯周病の予防と対策
ーーーーーーーーー
・毎日の歯磨きを欠かさないこと。
 特に、歯の根元に溜まりやすい歯垢
(プラーク)は細菌の塊なので、
 歯と歯茎の境目は、
 念入りにブラッシングしたほうがいい。
・デンタルフロスや歯間ブラシを使って、
 歯と歯のあいだまでしっかり汚れを落としたら、
 仕上げに殺菌剤配合のデンタルリンスを行う。

歯医者さん曰く、
歯磨きだけだと全体の汚れの6割程度。

デンタルフロスや歯間ブラシを併用して
やっと8割以上が落とせる。

なので
定期的に歯科での歯石除去や
クリーニングを行ってほしい、
と言うことでした。

たとえば
わたしは1本抜歯後の
朝の習慣
1:オイルプル20分間
  キッチンタイマーで設定。
2:吐き出したオイルはビニール袋に。
  (台所に吐き出すと、
   排水溝が詰まるし、環境に良くない)
3:舌ブラシ
  (色々あるようだが、金属のスプーンを使っている)
4:歯磨き
  (歯茎をマッサージするように行っている)

以上だが、
今もところ歯のトラブルや口臭はない。
オイルプルは有機の白ごまを使っている。
(オイルプルは検索すると出てくるので、
 検索してください)
白ごまは匂いも味もないので気に入っている。
スーパーで手に入るのでお手軽です。
1本を1〜1・5ヶ月くらいで使い切る。
歯医者に通う時間と費用を考えたら
断然お得です。

このほかにも、
気をつけるべきは食べ物。
食べ物は体を作り出す素です。
↪︎カルシウム&マグネシウム。
 (味噌汁に海藻を入れて食べれば良い)
 カルシウムの吸収を助けるビタミンD。
 (夜明けの太陽は目に有害ではない)
 野外での散歩で30分の紫外線を浴びるだけでいい。
 余談だが、
 ミネラルクリームがあるので、
 シャワーを浴びた後クリームを塗っている。

 たんぱく質などをとるのも効果的。
 ・1日1個の卵はいい。
  お弁当に必ずゆで卵を入れている。
 適度な運動もプラスして、
 骨を丈夫にするように心掛ける。
 (通勤は徒歩で
 10000〜12000歩歩いている)

今のところはこの習慣を継続です。
日頃からの適切なケアを心掛けることは大事です。

如何でしょうか?
自分自身でできることを行い、
それでも口の中のトラブルがあれば、
歯科へ受診してください。

医療費は馬鹿にできません、
これから収入が無くなる年齢に
わたしもあなたも差し掛かるわけです、
生活習慣改善や年齢からくる体の変化に
気を配ってこその”健康一番!”です。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

わたしの健康情報元
=>https://www.naturalsuccess.jp/xpower/opt/#oTzG3Y

ミネラルクリーム購入元
https://trinity-herbclub.com

 

Source: 薄毛4

投稿者について

Healthcare

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です