慢性的な耳鳴りは更年期の一つ?!

こんにちわ、一ノ瀬です。

本日のテーマ
慢性的な耳鳴りは更年期の一つ?!
耳鳴り.jpg
わたしは40歳代後半?!頃にあったなあ〜
と。
どのような時に起こるのか?

振り返ってみました。
頭の奥で、何か音が鳴っているように感じる耳鳴り。
これは更年期を迎えると、
めまいを伴った耳鳴りが増えるといわれています。

めまいに関しては、
45歳の時に交通事故に遭い
”頭部外傷”を受けたので
後遺症とかぶさっていました。

なので
わたしは比較的後遺症か?
更年期によるものだと
捉えていました。


あなたの話を聞いていると、
眠れなくなってイライラする

1日を通して気分的に不安定になる。
つまり
日常生活の中で
支障をきたしていることがわかりました。

そこで
本日の話は”慢性的な耳鳴り”についてです。

耳鳴り

自律神経の乱れが原因で起こることがある一方で、
深刻な病気が隠れていることも少なくない。

なので
耳鳴りが起こるメカニズムや、
耳鳴りに悩まされたときの対処法について
あなたへシェアします。

最初に話をしましたが、
40歳代後半くらいになってくると、
女性ホルモンが激減してきます。
そのため、自律神経の不調が現れやすくなります。
=================
更年期のめまいや耳の不調の原因とは?
=================

たとえば
最近このようなことがありました。
丁度梅雨の時期もあり湿度マックス!
でかなり不快感が高い7月の頃です。

出勤すると、
同僚が椅子に座り込んでいます。
どうしたのか尋ねると・・・
同僚は”めまいがする”という。
わたしは顔色も悪いので、
しばらく休む?早退する?
と尋ねると。
同僚は”少し休めば大丈夫、
   時々めまいがして耳鳴りもする”
わたしは昨日夜更かしした?
と尋ねると
(同僚は海外の映画を見るため就寝は1時頃になる)
同僚曰く、
今週は溜め込んでいた映画を観ていたそうだ・・・

なので
50歳を迎えると更年期症状が出やすくなる。
自律神経が乱れて、
めまいや耳鳴りを感じやすくなるのよ。

話をしました。
ーーーーーーーーーーーーーーーー
更年期は耳鳴りのリスクが増加する
ーーーーーーーーーーーーーーーー

↪︎更年期になり閉経が近づくと、
 めまいや耳鳴りのリスクが増える。

原因

更年期になると、
女性ホルモンの一種である
エストロゲンが急激に減るからです。
エストロゲンの分泌を促す
視床下部が異常を感じて
(あまりにも分泌量が少ないと)
パニックを起こし、
(卵巣にもっと出せ!と
 指令を出すことにより)
自律神経が乱れてしまう。

更年期の症状の一つに、
耳鳴りがあるので
あなたへ話を進めてまいります。

更年期の耳鳴り
・自分の周囲がクルクル回転するように感じる
 回転性のめまいを伴うのが特徴です。
 つまり
 体が揺れるような感じがして、
 キーンという音が頭の中から響いてくる。

たとえば
わたしは疲れが溜まってくる夕方(18時頃)や
寝不足気味の朝起きがけに頻発しました。

めまいと耳鳴りが同時に起こるのは?
↪︎平衡感覚を司る三半規管
 と
 外耳や内耳などの
 聴覚器官が近い位置にあることが
 関係している。

耳鳴りの引き金は?
↪︎ストレスや疲労、睡眠不足など。
 更年期に寝付けない、
 何度も目が覚めてしまうといった際、
 感じる人も多いです。

たとえば
季節に関わらず、
わたし自身、
眠りが浅くなることが続くと
耳鳴りが出る。

なので
”寝不足だなあ〜”と自覚したら、
睡眠を促す成分が多く含む完熟バナナを
夕食後1本食べる。
(完熟というのが重要です。)
即効性はないが、
3日後には熟睡できるようになるので、
耳鳴り発生から5日以内に消失する。
お手軽な対処ですけど効果はある。

つまり
睡眠障害は
耳鳴りを悪化させる原因にもなるので、
早めの対応が必要です。
ーーーーーーーーーーーー
めまい以外の耳鳴りの原因
ーーーーーーーーーーーー
↪︎耳鳴りは、
 更年期を過ぎると
 頻度が少なくなっていくのだが
 なかなか耳鳴りが治まらない場合、
 ほかの病気が原因のこともあるから注意が必要です。

たとえば
30歳代の元同僚は脳の病気で、
(聴神経腫瘍)耳鳴りと難聴が出現していた。
なので
更年期の症状以外の耳鳴りの原因にがあることも
頭の片隅覚えておいてください。
3つあります。
ーーーーーーーーーーーーーー
1:血行不良や高血圧による耳鳴り
ーーーーーーーーーーーーーー

加齢に伴うことが多いのですが・・・
血行不良による耳鳴り
↪︎体内の老廃物が
 三半規管や内耳、中耳に溜まって、
 血行が滞ることで起こる症状。

つまり
40歳を過ぎたあたりから、
高血圧に伴って耳鳴りが起こることもある。
耳の近くの血管が硬くなってしまい、
雑音として聞こえてしまう。
なので
健康診断の時の血圧チェックは大事。
(耳鳴りが気になる場合は、
 血圧のチェックをしてみてね。)

ーーーーーーーーーーーーーーーー
2:噛み合わせのずれが原因の耳鳴り
ーーーーーーーーーーーーーーーー

噛み合わせのずれも耳鳴りの原因になる。
なぜなのか?
↪︎噛み合わせの悪い状態が続くと、
 顔の筋肉や神経を圧迫し、
 耳の感覚器や聴覚神経への伝達にも影響を及ぼして
 耳鳴りが起こる。

そういえば
歯周病が原因で歯を1本抜歯した際、
噛み合わせが(抜いた側をかばうため)
違和感と耳鳴りやめまいがあったなあ〜。
原因だったなあ〜と。
ーーーーーーーーーーー
3:病気が原因の耳鳴り
ーーーーーーーーーーー

突発性難聴
メニエール病などの病気によって
引き起こされることもあるわ。

メニエール病
耳鳴り、難聴や耳の詰まりなどの症状を伴うのが特徴。

突然耳が聞こえなくなる突発性難聴
発症する前後に耳鳴りや強いめまい、
吐き気を伴うことが多い。

40歳代後半以降は、
更年期症状など身体が変化を来たしやすい。
なので
自分でもできる耳鳴りへの対処法について
話を進めてまいります。

耳鳴りは、
精神的なストレス
睡眠不足によって引き起こされることが多い症状。

なので
・まずは睡眠をしっかり取る。
 (同僚は深夜映画を控えることから始まった)
 規則正しい生活を送ることが大切です。
・ストレッチやウォーキングなど、
 軽めの運動を習慣化して、
 ストレスを溜め込まないようにする。
 (ウオーキングは認知症予防や
  うつ病の予防になるとの研究報告がある)

専門的ではないので端折りますが、
めまいや耳鳴りがしたら、
ツボを刺激するのもよい。
(検索すると見ることができる)
耳の後方の骨のあいだにある
頭竅陰(あたまきょういん)や
耳の前方にある耳門(じもん)などのツボを刺激することで、
血行が促進される。

たとえば
お手軽にできる方法として、
(血行不良が耳鳴りの原因であれば)
蒸しタオルなどで
首や耳の周りを温めるのも効果的。
濡れたおしぼりタオルを電子レンジでチン!
当てるだけで症状が和らぐ。
これは
わたしが行く美容院では、
洗髪の際首の後ろに蒸しタオルを当ててくれる。
とても頭がすっきりして
軽くなる体験から取り入れたことです。

ここまでが自分自身でできることです。

めまいや耳鳴りが頻繁に起こるなど、
症状が強いようであれば・・・

婦人科
耳鼻科などの医療機関を受診。

症状によっては、
抗めまい薬や漢方薬などを処方されることもある。
HRT(ホルモン補充療法)
による治療をすすめられることもある。

つまり
耳鳴りの放置はNG!
日常生活に支障をきたすほどであれば、
受診した方が良い。

結論
耳鳴りは、一過性のものであれば心配ないけれど、
あまり続くようであれば(4日以上)
調べてみると大きな病気が隠れていることも…。
(30歳代の時の元同僚のように)

自分で立ち上がれないや
強いめまいや耳鳴りを感じるときは、
脳梗塞や脳出血などの可能性も否定できない。
(遺伝的にコレステロールが高いなどあると
 30歳代でもある)

なので
・いつもと症状の感じ方が違うなど、
 異常を感じたら、
 すぐに医療機関を受診したほうがよい。

つまり
専門家の意見を聞くことにより、
あなた自身の日常生活の悪習慣で引き起こしている
原因改善を知るきっかけになります。

いかがでしょうか?
本日のテーマ”慢性的な耳鳴りは更年期?!”でした。
最後まで読んでいただきありがとうございました。

わたしの健康情報元
=>https://www.naturalsuccess.jp/xpower/opt/#oTzG3Y

 

Source: 薄毛4

投稿者について

Healthcare

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です