認知症予防?!脳のマンネリ化を防ぐ8つの生活習慣(後編)

こんにちわ、一ノ瀬です。

 

本日のテーマ
認知症予防?!脳のマンネリ化を防ぐ8つの生活習慣(後編)
食べる.jpg
前回の話では、
脳には使い切れていない細胞が沢山あり、
日常の中で意識的に刺激する!

このことにより、
脳は何歳になっても成長できる。

話を進めてきました。

なので
50歳代の私は、
年々記憶力の低下を自覚しています。
物忘れだ!やばい

なので
真剣に取り組んでいます。

つまり
ライフスタイルそのものが脳に影響する。

なので
日常生活を少しだけ!工夫すると
脳の老化を止めることが可能。

前回は話をしました。

本日は脳のマンネリ化(老化を止める?!)の
後半の話を進めます。
===========
8つの生活習慣
(脳のマンネリ化を防ぐ)
===========

5:家事をゆ〜くりスローモーションで行う。
  ↪︎段取りを考えながら、
   体をこまめに動かす。
   ↓
   脳機能をバランスよく使うことにつながる。

たとえば
わたしは毎朝床を水拭きしています。
(クイックワイパーで埃を取ってから、
 水吹きです)
全体で5分未満ですが、
全身の運動になる。
また、
埃の確認や汚れ具合、
家具を動かし、
動きやすい場所に
家具を位置づけできる。

ロボット掃除機に頼らないで、
脳機能や体の運動機能を
維持できるようになる。

あなたの家に食器洗いがあれば、
手で食器を洗う

スポンジに洗剤をつけて泡立てる。

香りを感じる
汚れを目で見て確認する

一皿一皿ゆっくりと磨く

水の流れる音を感じる、
泡が流れ落ちる。
水切りかごの中に入れる。

五感をフルに活動させることになる。

つまり
脳が”どう動くか?”を整理でき、
脳の中が鮮明になる(クリアーになる)

6:食べる順番を変えてみる
  ↪︎毎日の食事を意識すること。
   ↓
   目で見て楽しむ
   香りや味を楽しむ。
   ↓
   脳があちらこちらが刺激を受ける。
   ・何から食べよう
   ・どの調味料を使おう
   ↓
   脳は考える、
   箸を使って口に運ぶ、
   咀嚼して飲み込む。
   ↓
   この動きは運動系、視覚系がフル稼働する。

たとえば
この一連の動きを
”3食の食事を脳トレーニングにする”
食べる順番を変える方法がある。

わたしは定食を食べる際は、
そうですね・・・
よく食べるのは、シャケなどの魚が多い。
最初はメインの魚を一口含んでから、
ご飯ー>副菜のサラダやおひたしを食べ、
最後に汁物・・・という具合です。

これを
最初に汁物を飲む、
次に副菜のサラダやおひたしを食べる。
メインの魚を食べて、ご飯を食べる。

順番を変えるという具合です。

面白いことに、
最後にご飯を食べると、
お腹は満足して、
デザートを食べなくてもよくなる。
不可思議な現象を体験しています。
(血糖値が上昇するからです)
眠りの浅い人は、
夕食に炭水化物を食べるといいですね。

話が逸れました・・・

7:新しいことにチャレンジする
  ↪︎脳を成長させて、
   機能を最大限に使うには、
   ”ワクワクした気持ち”が大切です。

つまり
抗加齢学学会の先生たちもそうなのですが、
”ご機嫌になるには、前向きな気持ちが大事”
前向きになると何が起こるのか?
↪︎それまで脳の中で眠っていた潜在能力細胞を
 目覚めさせることが出来ます。

(脳のサーモグラフィー画像を想像してください。
 活動的な部分は赤くなって血流が良いこと見れます。)

ではどうすれば良いのか?
↪︎日々の同じルーティーンのマンネリ化した
 生活を送ると、脳もマンネリ化する。
 ↓
 脳に新しい刺激を与えることが必要。

たとえば
わたしはウオーキングを週末に行うのですが、
その際いつものルートの反対側の道を歩く。
そうすると、
いつもの店でではない通りを歩くことになる。

目に入る風景が異なると、
脳の方も興味がでるのか?!
気持ちが楽しくなってきます。

いつもの同じを少しだけ変えるだけでも、
脳に刺激を与えることができるのです。

買い物もいつものところではなく、
少しだけ遠いところへゆくとか。
たとえばわたしは
・いつものスーパーには5分ぐらいのとこから、
 15分くらいのスーパーへ買い物。
・いつものパン屋から20分くらい遠いパン屋で
 食パンを購入する。(どちらも手作りで美味しい)
・スーパー銭湯に行く。
 (都内には大江戸銭湯がある)
・定期的に?!日帰り温泉にゆく・・・など

日々の中で少しだけ新しいことを
あなたも取り入れてみてください。

8:脳に良いとされる食材を意識的に選ぶ。
  ↪︎高コレステロール血症
   (女性は閉経とともに高くなる傾向がある)
   高血圧症
   糖尿病の人などは
   認知症のリスクが高まる。
   この最新の研究報告を踏まえて話を進めます。
ーーーーーーーーー
8つの脳に良い食材
ーーーーーーーーー
1:認知症予防に効果がある
  プラズマローゲン
  ↪︎ホタテ、タコ、鮭

たとえば
お手軽に食べれるのは、
焼き鮭にして、
お弁当のおかずに取り入れています。

2:老化物質を溶かす働きがある。
  オメガ3系の脂肪酸
  ↪︎エゴマ油、くるみ、いわし、カツオ
   まぐろ

たとえば
素焼きしたくるみをおやつ代わりに食べる。
冷奴やお好み焼きにかつお節を乗せて食べる。

3:神経や脳の働きを良くする。
  ビタミンB群
  ↪︎豚肉、にんにく、卵、あさり、
   たらこ

たとえば
豚しゃぶサラダや生姜焼きでもいいし、
週末餃子を食べてもいいね。
(にんにくの匂いも気にならない)

4:不足すると認知症やアルツハイマー病の
  リスクが約1・5〜2倍に高まる。

  ビタミンD
  ↪︎干ししいいたけ、しらす、あん肝、
   きくらげ、さば、ニシン、すじこ、鮭

5:脳細胞間の伝達系経路の活性化を助ける。
  カルシウム
  ↪︎小松菜、ししゃも、ごま、乳製品

6:記憶力向上や物忘れ防止に力を発揮する。
  レスチン
  ↪︎大豆、うなぎ、鶏レバー、ピーナッツ

たとえば
大豆製品には、豆乳、味噌、醤油など沢山ある。
なので、味噌汁で良いと思います。

7:甲状腺ホルモンの原料となる
  ヨウ素
  ↪︎海苔、わかめ、ひじき、めかぶ

8:脳を活性酵素によるダメージを防ぐ
  ビタミンACE
  ↪︎かぼちゃ、いちご、アーモンド、パプリカ

いかがでしょうか?
近所のスーパーなどですぐに手に入る食材ばかり。
季節に合わせて料理して日々の食卓に・・・
”食べ物は体を作る!”
食べ物で健康になりましょう。

本日の話はここまでとします。
最後まで読んでいただきありがとうございました。

わたしの健康情報元
=>https://www.naturalsuccess.jp/xpower/opt/#oTzG3Y

 

Source: 薄毛4

投稿者について

Healthcare

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です